リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.155 Indeedアナリティクスとは?アナリティクスを活用してIndeedの採用効果を高めましょう!


HumanWork Jinzai Column [155]

Indeed

Indeedアナリティクスとは?アナリティクスを活用してIndeedの採用効果を高めましょう!

Indeedアナリティクスとは?アナリティクスを活用してIndeedの採用効果を高めましょう!

はじめに

Indeedは、月間2,350万人ものアクセスがある大手求人情報サイトです。来訪者が多いという事は、様々なタイプの求職者が訪れているためアプローチできる求職者の種類も多いということです。

その一方、1日に掲載される新しい求人広告の数は数千件に上り、ただ求人を出すだけではユーザーの目に留まりにくく、いつまでたっても必要な人材を確保できない可能性もあります。

「広告を出したけどなかなか応募者数が増えない」「広告の効果が出ているのかどうかわからない」といった悩みの解決には、“Indeedアナリティクス”を活用しましょう。

Indeedアナリティクスとは?

Indeedアナリティクスとは、自分が出した有料求人広告に関するさまざまなデータをチェックできるIndeed管理画面上の機能です。※一部無料掲載でも利用できます

視覚的に情報を確認できる「ダッシュボード」と数値化したデータをチェックできる「パフォーマンスレポート」の2種類があり、目的やニーズに合わせて使い分けることで広告掲載の状態を確認できます。

データをひと目でチェックできるダッシュボード

アナリティクスのダッシュボードと呼ばれるツールでは、データが分かりやすくまとまっており、全体の傾向を簡単に捉えることができます。

ここでは、主な3つの項目についてご説明します。

グラフ

求人が見られた回数や応募数はもちろん、求人閲覧後どのくらい応募につながったのかなどの推移が確認できます。

グラフで数値の動きがわかりやすいので、細かいデータよりも求人全体の効果を大まかに把握したいときにおすすめです。

求人パフォーマンスランキング

掲載している求人のクリック数と応募数を軸に、効果のベスト5とワースト5がランキング化されています。両者を比較し、ワーストに入った広告の問題点を探し出して応募効果の芳しくない求人をどのように改善すればよいのかのヒントを得ることができます。

利用デバイスデータ

掲載した求人がどのデバイスから閲覧したのかが確認でき、スマートフォンなどのモバイル端末とPC端末のクリック数の比率がグラフで確認することができます。

スマートフォンでの閲覧が多い場合は小さい画面でも求職者の負担がないように求人内容の文字数を抑えて見やすくするなど、こちらも応募効果を高めるための判断材料となります。

広告の詳細データを確認できるパフォーマンスレポート

パフォーマンスレポートと呼ばれるツールでは、数値データを一覧で確認できます。

確認できる主な指標は、求人広告それぞれの有料枠における表示回数やクリック率、クリック数、応募率、応募数、合計費用、平均クリック単価、平均応募単価です。

ダッシュボードとあわせて使うのが一般的な活用方法ですが、ダッシュボードとは違って求人単位で状態を確認できるため、表示回数が多いのにクリックされていない求人やクリックされているのに応募に繋がっていない求人など、各求人の特徴をダイレクトに捉えることができます。

このように、ダッシュボードとパフォーマンスレポートを組み合わせて確認する事で、ユーザーの性質や動向を把握しどのような広告にすればユーザーの興味・関心をひきやすいのかを判断できます。

結果、より効果が出るように対策ができるので、求人広告全体のパフォーマンス向上につながります。

Indeedアナリティクスは、データをチェックするだけではめざましい効果を発揮しません。チェックした情報を基に、応募者数を増やすための活用方法を取り入れましょう。

Indeedで効果が出るように掲載をしたい場合は代理店におまかせ

IndeedアナリティクスをベースにPDCAサイクル(※)を回していくことで求人広告をより効率的に運用していけるようになりますが、Indeedを初めて利用する場合や、これまで求人広告を出した経験がない場合はデータの活用自体が難しいのではないでしょうか。

※PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」を繰り返し、運用・管理体制を段階的に改善していく方法のことです。

そんなときは、Indeed広告に精通した代理店に運用を任せるのも一つの方法です。代理店であれば、Indeedアナリティクスを活用するノウハウも知り尽くしているので、現在の求人広告の問題点を洗い出して改善できるでしょう。

ヒューマンワークはIndeedの認定パートナーとして、全国に1,000件以上のIndeed掲載実績がございます。当社にご相談いただければ、最適な掲載スタイル、掲載内容をご提案させていただきます!まずはご相談ください!

ご相談はコチラから

まとめ

今回のコラムにおけるポイントは以下です。

  1. 【POINT1】Indeedアナリティクスを活用すれば、求人広告ごとのパフォーマンスを詳しくチェックできる
  2. 【POINT2】Indeedアナリティクスを基にPDCAサイクルを回せば、求人広告のパフォーマンス向上に役立つ
  3. 【POINT3】初心者ならIndeedアナリティクスに精通しているプロに運用を任せるのもあり

Indeedアナリティクスを上手に活用して、優秀な人材採用につなげましょう。

株式会社ヒューマンワークでは、貴社のIndeed掲載をサポートします!効果的なIndeed掲載はヒューマンワークにお任せください。

ご相談はコチラから


←前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ→

人事担当者様必見!研修のお問い合わせ・ご相談・お申し込みはコチラから






リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク